はじめての愛犬とのしつけ手ほどき

ミニチュアシュナウザーのメスを飼いはじめました。名称はメロンです。賃貸の家屋にいる結果、できれば静かな犬具がよかったのでミニチュアシュナウザーにしました。感情がよいので、どうしても吠えないと聞いたからだ。但し、うちのメロンは、他の犬をみると気が狂ったように吠えまくり、肉親にじゃれるときも本気で噛んでくるなど、スゴイ我欲になってしまいました。10カ月になり、大人に伺う前にきちんとしつけをしないと、次々困った乳幼児になると焦ったので、友人のすすめでしつけレクチャーに向かうことにしました。ドックランが開催しているし設けレクチャーで、参加費は1500円でした。10匹ほど統合でし設けレクチャーはかいさいされました。安め犬から広大犬まで、千差万別は満杯でした。教員は、長時間デカ犬のトレーナーを通していたようで、他の犬のしつけのフォームをみていても堂々としていて頼みができます。現に、メロンの番になりましたが、他の犬に考えを取られ再び吠えていました。そこで、教員が先行の持ち手非常勤でメロンの後ろ足に思う存分ひっぱたきました。キャン!といった今まで聞いたことのないスタンスで鳴き、私もびっくりして泣きみたいになりましたが、そのとたんメロンはおとなしく教員の言うことを聞き始めました。「キャンは犬の『ゴメン』だから、悪いことしたらはなはだ怒らないというね」という教員に言われました。しつけレクチャーはペットを教えるのではなくて、オーナーが勉強する周辺だと痛感しました。http://www.lessismore.org.uk/