トランプではチャンピオンです。

家族で色々な天王山を通して楽しんでいますが、私の得意な天王山はトランプによるものです。一際道筋という天王山では、只今失態知らずです。三男という赤ん坊が、きっちり自身を負かそうという際限なくチャレンジして浮き出るのが、困りながらもありがたい間隔です。自身がなんでトランプ天王山に激しいかというと、私の学生時代にはコンピューター天王山が無く、育成で遊ぶのはトランプが手頃だったからだ。一息に上る度に、決まった隊員で間隔を惜しんで遊んでいました。ド貧民(大貧民・百万長者ということもあるようです)も大好きな天王山の1つで、これも家族でわいわい騒ぎながら、間隔を忘れて楽しんでいます。殊に、子どもに枚数の高低・予定などを送る、互角に天王山ができるようになった随時、感慨深いものがあります。子どもが随時勝つと、ふさわしい半面、まだまだチャンピオンの座は渡さないぞ、という気持ちになります。只今、子供たちにはトランプ天王山においては、尊敬されているようです。http://www.skybond.co.uk/